just a gamer. splatoon/league of legends/etc.
0
    カレーについて

    カレーについて私は謙虚にならざるを得ません。と言うのも、初回3回ほど製作に失敗したからです。大体の料理で初回から、あるいは2回目から上手くいく経験をしていた私にとってこれは自信をへし折るに十分なものでした。結局失敗の原因は「フライパンで作るカレーは水分が飛びやすく、添付文書の作り方通りではだめ」ということでした。水の量は失敗から覚えるしかありません。感覚としては「ルウを溶かし終わった時に若干のトロみが付いている状態が水の適正量」という感じです。

     

    これまでにハウス食品の「ジャワカレースパイシーブレンド」「ザ・カリー」、S&Bの「ゴールデンカレーバリ辛」「プレミアムゴールデンカレー」「フォン・ド・ボーディナーカレー」「プレミアムディナーカレー」、グリコの「ZEPPIN」を作ってきました。すると製品は違えどカレー作りは基本的に次の工程で成ることが分かりました。

     

    1. 玉ねぎその他を炒める

    2. 煮込む

    3. ルウを溶かして少し煮て馴染ませる

     

    製品によって細かい差があるものの、工程1は5~10分間、工程2は15~20分間、工程3は5~10分感という感じで記載されています。しかし工程2は水を足していけばいくらでも延長が可能で、かつ肉が柔らかくなるまでの時間は肉の種類によって差があり、牛スジなどでは2時間近く要するということが分かりました。牛や豚の角切り肉でも40分間くらいかけなければ肉が硬く勿体無い出来になります。工程2の「15~20分間」はあくまでも火の通りやすい具材を使った場合の最短時間である、と心得るべきです。

     

    工程1について。「フォン・ド・ボーディナーカレー」の添付文書には「エスビー食品伝統の『究極のレシピ』」と題して「玉ねぎはみじん切りにして弱火できつね色になるまで約40分程度炒め、さらに薄切りの牛肉を加えて炒めます」とあります。この、時間をかけて玉ねぎを炒める、というのはひとつのコツらしく、カレーに力を入れているエスビー食品ではなんと炒め済みの玉ねぎを製品化しています。

     

    エスビーの狂気

     

    ちなみに「ザ・カリー」や「プレミアムディナーカレー」などのやや高価な製品はルウ以外にブイヨンペーストだとかフルーツチャツネペーストなどが添付されており、少量(1/4箱とか)で作る際にやや不便です。こういった点でゴールデンカレーバリ辛は味良し手軽さ良しで現在のランキング1位です。

     

    味の仕上げに関して。まだまだ試行が足りませんが、現段階ではっきり言えるのは「ガラムマサラと一味唐辛子をある程度使うとうまくなる」ということです。ターメリックなど試してみましたがあまり差が分からないなという感じです。工程1でニンニクとショウガを入れるという技もあるようなので近日試す予定です。肉については鶏モモ肉で勝ちが確定するのでお勧めです(煮込まなくても柔らかい)。

    | tec0(てこ) | 漢の料理 | 01:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    0
      フライパンでトンカツ、の最も簡素化された手順

      フライパンDEトンカツ、ですが1回の失敗の後あっさり成功したので記録を開示します。当blogは「料理めんどい」「後片付けがうぜえ」「洗い物やりたくない」といった性格傾向に最大限寄り添うレシピしか紹介しません。と言うのも、そもそも私、tec0 a.k.a. AmazingTECO もまさに前記理由から一人暮らし歴20年にも関わらず全てを外食で済ませていたのです。炊飯器も茶碗も包丁も無く、このblogでオクラ茹でを紹介した時は鑑賞用のナイフでオクラを切っていました。

       

      用意するものは豚ロース1枚か2枚、卵1個、小麦粉、パン粉、大きめのビニール袋、紙コップ、フライパン、熱源、包丁まな板、塩、胡椒、とんかつソース。レモンは好みで。包丁まな板は省略可能です

       

      もう美味そう

       

      豚ロースってそもそもトンカツ用に買う人が多いんで、こういうイイ感じの大きさで売ってあること多し。

       

      偉大だよお前は…

       

      そしてビニール袋。よく揚げ物動画とかで、バットに小麦粉入れたりパン粉入れて調理してるっしょ?あんな大量に小麦粉・パン粉余らせてどうすんじゃい!しかもバットなんぞわざわざ買えるか!ということを考えていてこの手法に辿り着いた。

       

      謎手順

       

      適当に塩胡椒を振る。片面だけ派と両面だけ派がいるらしい。ってことはつまりどうでもいいってこった。油と赤身の間に切れ目を入れるとトンカツが反り返らない……らしい。未確認情報だがやっておく。やらない人は包丁もまな板も不要。

       

      卵黄の良さ

       

      紙コップに卵を打開™して攪拌™しておく。

       

      お化粧

       

      小麦粉を両面に振りかけて塗りつけてビニール袋に入れる。この小麦粉をかける手順もビニール袋内でやればビニール袋1枚を失う代わりに周囲への小麦粉の飛散を防止できる。精密な集積回路などを傍で扱っている場合はその方がいいっぽい。

       

      ウワーワッワッ

       

      卵をBUKKAKEて全体に理解(わか)らせる。

       

      事前事後

       

      パン粉につきましてもパン粉袋を用意し肉を放ち渾身の力でギュムッザクッギュムッザクッとパン粉を理解らせましょう。

       

      come on

       

      フライパンマジ万能 そのポテンシャルに感動 調理器具界のキング 肉待ち構えるリング 油種は今回は日清キャノーラ こんな量でも揚げもんが可能だ

       

      ええぞええぞ

       

      油から泡がぽつらぽつらと出てきたら多分十分な高温であろう。肉をdropしてたまにひっくり返して色を視診る。

       

      kurozumi

       

      少し揚げ過ぎの感があるんで次はもうちと早めに回収しよう。

       

      omg

       

      うーん上出来過ぎる。

       

       

      手順終了。特別な物品が不要、後片付けも秒殺。油は普通に流すと下水管が詰まったりするらしいんでそれだけ注意な。チャーハンのように微妙な塩加減が求められたりしないので、基本揚がれば勝ち。揚げたての揚げものとビールを自宅で飲(や)る至福よ……。

       

      | tec0(てこ) | 漢の料理 | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      0
        チャーハン、最も簡単なレシピ

        フライパンに冷や飯を落として卵を落として混ぜながら熱するとチャーハンになる。それはその通りなのだが俺にとってチャーハンは「店で金を払って食うメニュー」でもあり、精神的な敷居の高さがあった。しかし作ってみればそれはただの杞憂であり何となく上手くいってしまうものだと理解ったのでここに手順を記す。

         

        用意するものは米飯、卵(1,2個)、何らかの油脂、塩、胡椒、フライパン、熱源、創味シャンタン™または味覇™(ウェイパァー™)である。具として「豚バラ and/or 長ネギ」が欲しい。箸よりは何らかのヘラがあると混ぜやすい。100円ショップに売ってあるので買っておこう。無くても作れる。「何らかの油脂」としてサラダ油を用いてもいいが、俺はもっぱらラード(あれあれ? おかしいですよ? もしかして豚脂!? ピャーーー)とごま油を適当な比率で混ぜて使っている。今回は前回の鶏皮レシピで取れたいい脂をリ・サイコォしてゆきます。

         

        豚の薔薇とは

         

        豚バラの薄切りは 2, 3 枚あれば十分。今回は長ネギは無しです。

         

        そうか薔薇とはこういうことか

         

        豚バラを細かく切る。まな板が無いとやりにくい。まな板、買いましょう。

         

        TONG on oil

         

        熱したフライパンに先にdropして熱量を与える。するとチャーハンが出来上がる時にはカリカリに変性していて良い。ネギがあればネギもこのタイミングでdropしましょう。強調しますが油はケチらないこと、そしてゴマ油を一定割合使いましょう。ラード+ゴマ油でもいいしサラダ油+ゴマ油でもいいしオリーブ油+ゴマ油でもいいでしょう。鍵はゴマ油です。

         

        STのG

         

        サトウのごはんを1分だけ電子レンジった後、卵を割ってかけて TKG (Tamgo Kake Gohan) にしてKG (Kon Gou)。

         

        omfg_the_drop

         

        すでにいい感じにテンションが上がっている豚バラの上にdrop。ここからは忙しい。手早くヘラで混ぜながら水気が飛んできたところで塩と胡椒を振る。創味シャンタン™または味覇™(ウェイパァー™)を入れる。粉タイプなら小さじ1杯くらい、チューブタイプなら3cmくらい。あと胡椒が多めだとだいぶ誤魔化しが効きます。ヘラでダマ見付けては即座に潰してパラパラにしていきましょう。これは遊びではない。e-sportsです。

         

        parameters

         

        オイスターソースを入れるとか、XOジャンだとか、味の素™だとか、いろんな宗派があるが俺はこれに落ち着いた。

         

        time to do beer

         

        まとめると、

        • ゴマ油使え(ラード+ゴマ油最強説)
        • 胡椒多め

        thank you for watching my stream, donate me plz gg nigga

         

        | tec0(てこ) | 漢の料理 | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        0
          鶏皮を炒めるだけのおつまみ

          このカテゴリーで記事を書くのも3年ぶりくらいになってしまったが書くぞ。

           

          用意するのは鶏皮(とりかわ)、包丁、まな板(重要)、塩、胡椒、フライパン、熱源、箸、ビールである。

           

          やしー(安い)

           

          パッケージを打開™して包丁でいいサイズに切る。

           

          まな板OP

           

          重要なのは「まな板を買っておくこと」。右下に写っているのは100円ショップで買ったまな板だが、これが無いと鶏皮は切れない。ああ、そうだ、まな板がないと鶏皮は切れないんだ。覚えておいてくれ。俺はクリアホルダーをまな板代わりに使っていた。汚れたら捨てればいいからな。しかしその手法は鶏皮には通用しないんだ。同じ轍を踏んで欲しくないんだよ、あんたには。

           

          聖水(あぶら)

           

          フライパンに無造作に積載(のせ)て熱源から熱を与えるとみるみるうちに脂が出ますね。

           

          美味そうな色(しょく)

           

          これでもまだ熱し足りない。白い部分がほぼ無くなるまでカリカリに仕上げること。

           

          やや妥協

           

          味付けは塩胡椒。胡椒は多めがいいですね。つまみなので塩も多めがいいですね。

           

          勝利画面

           

          勝ちまいた。脂を捨てずに取っておいてあるのは再利用を目論んでいるからですね。

           

          このカテゴリーでは今後も、料理未経験の独身男性が台所で局地的勝利を収めるにはどう立ち回ればいいか、といった serious な問題を真っ向から取り上げてゆきます。

           

          | tec0(てこ) | 漢の料理 | 19:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          0
            pubg 有利戦略

            丁度今、joshogという配信者がPUBGで15連勝している。squadで。

            十分lootできた→中盤撃ち合いをひたすら避けて終盤に持ち込む

            十分lootできなかった→中盤積極的に殺してアイテム集めて終盤を目指す

             

            前回こんなことを書いたのだがずっと前者の戦略でやっているようだ。車に降りて遠くの街にlootに行って、あとは終盤まで撃ち合わない(絶対に有利な撃ち合いだけやる)スタイルだ。その代わり序盤ではガスに巻かれてまでlootしている。現状、これが安定した戦略なのだろう。

             

            自分のプレイという意味ではショットガンを使わなくなってきた。2連ショットガンはいまだにsoloでは強いと思うのだが如何せん安定しない。外せば終わりというハイリスクハイリターン武器であり、SMGの方が安定する。2連相手には動きまくって2発かわして倒せば良い。ただ、ショットガンよりもアタッチメントが多くlootが面倒臭いのが玉に瑕だ。

             

            | tec0(てこ) | pubg | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            0
              PUBGドハマリ

              PUBGことPlayer unknowns battlegroundsにドハマリしてしまった。

              TPSでありながらaimだけが全てを決めるわけではないゲーム性や自由さや適度な馬鹿ゲー要素にすっかり魅了された。感覚としてはBF1942をプレイしていた頃に近い。多分、このゲームはaimだけではどうにもならない。しかし終盤では当然撃ち合いが要求されるので最低限のaimは必要、といういいバランスになっている。

              まだ100時間弱プレイしただけだが、どうも序盤のlootがどの程度上手くいったかでその後のプレイスタイルを変える必要があるのではないかと思う。終盤にブースト系アイテムが皆無だと相当きつい。

               

              十分lootできた→中盤撃ち合いをひたすら避けて終盤に持ち込む

              十分lootできなかった→中盤積極的に殺してアイテム集めて終盤を目指す

               

              多分こんな感じで、ただ撃ち合って勝てるかどうかの判断が非常に難しい。相手が気付いて走り出すと基本的にこのゲームではかなり当てにくくなるので、ARで5発くらい叩き込める自信が無いとなかなか仕掛けられないというのが実際だと思う。

               

              | tec0(てこ) | pubg | 01:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              0
                待っていてくれたdota2

                2014年にちまちまといくつかのheroを触って、結局dota2を辞めていた。LoLがまだまだ楽しかったし、やや不親切なUIに不満があったというのもある(今でも /surrender できないというのは納得のいかない部分ではある)。

                まあ兎に角、SplatoonもLoLも程良く飽きて、あとグラボが強くなったのでdota2の美麗グラをまた堪能したいなということもあり、時折起動して観戦していた。最近だとKiev Majorとか。観ているとやはりプレイしたくなるのが人のSAGAというやつで、網羅的に学び直そうということで All-Hero Challenge に手を出してみた。進捗としては113体のうち7体で、ゴールには程遠い。

                RECENT GAMESには、まだ2014/12の履歴が残っている。2016/3に本格的に復帰するまで1年以上が経ったが、シーンが腐ってなくて嬉しい限りだ。むしろ大会の賞金額は増えている。dota2の大会の賞金がWBC(ワールドベースボールクラシック)の賞金を軽く超えた、というツイートを見て、本当に IRL なスポーツを凌駕しつつあるんだなぁと感慨深い。シーンを支えたいな、という気持ちもあって、せっせとdota2の安いスキンなどを積極的に買っている毎日である。

                | tec0(てこ) | Dota2 | 00:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                0
                  やっと S になった

                  去年12月から始めた Splatoon もやっと6/14をもってSになり、一息付いた感じ。これで存分にレートの下がらない環境でタッグマッチが楽しめるだろう。

                  12/27 C
                  2/21 C+
                  2/27 B-
                  3/3 B
                  3/10 B+
                  3/15 A-
                  3/26 A
                  途中5回ほど降格あり
                  4/21 A+
                  途中1回降格あり
                  6/14 S

                  2015.12 19時間
                  2016.01 48分(Wii U修理のため全然遊べず)
                  2016.02 42時間
                  2016.03 86時間
                  2016.04 47時間
                  2016.05 68時間
                  2016.06 23時間



                  https://www.youtube.com/watch?v=t1jJp0vC24U

                  一応メモ的に心がけていたことを列挙してみる。こういう考え自体は4月には完成していたのに結構時間がかかってしまった。

                  ガチエリア
                  1. エリアを塗る
                  2. エリア内で死なない。つまりエリア内に立ち入らない・エリア外からエリアを塗る
                  3. 全体が見渡せて死にづらくてエリアも塗れるようなおいしいポジを散歩などで探す

                  ガチホコ
                  1. ホコ割り合戦になったらホコバリアを割るより敵を倒す方を優先する。敵を倒してからホコバリアを割る(ただし時と場合による。バリアを即割れそうであればバリア爆発に敵を巻き込む手も考慮する)
                  2. ホコ持ちを止める時はキャンプする。位置バレしてもなるべくしつこく死なないように立ち回ってホコ持ちにプレッシャーを与える(具体的には壁裏に隠れる、牽制ボムなど)
                  3. ホコ持ちをキルしたい時はホコショット発射後に顔を出す
                  4. バリアの無いホコが放置されている場合、 拾おうとする敵をボムで殺す試みは強い

                  ガチヤグラ
                  1. 死にそうならヤグラから降りる。敵を殺してから再び乗る。カウントで負けていてカウントが稼げそうであれば乗ったまま粘ることも考慮する
                  2. 敵の位置がよくわからない時も降りる
                  3. ヤグラを迎え撃つ時は下からより高所からの方が楽
                  4. ヤグラの壁をまめに塗る

                  全般
                  1ゲームの勝ち負けで一喜一憂しない
                  開幕後は味方の行く方向を見てバランス良く展開する
                  開幕すぐに死なない
                  いいプレイには「ナイス!」を打って士気を高める
                  基本的にスパジャンしない。ガチエリアではメリットが殆ど無いと思う。ガチホコやガチエリアでカウントリードできそうな状況ならアリ
                  殺すことより死なないことを考える(ギアで復活短縮付けている場合は別かも?あと味方のホコ持ちや味方が乗ったヤグラより前方で相打ちになるのはあり)
                  バリアは出し惜しみしない。死ぬよりまし
                  負けている時は端から攻める
                  負けている時こそ塗る
                  他人のミスではなく自分のミスにフォーカスする
                  楽しむ(楽しめない日はさっさと止める)

                  | tec0(てこ) | Splatonisis | 08:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  0
                    暗刻ギア完成の確率
                    ある程度Splatoonをやっているとギアへのこだわりが生まれる。そして自分の理想ギアビルドを思い描き、3つ揃いのギア、つまりアンコギアを作りたくなってくる。しかしこれがなかなかできない。フェスで稼いだサザエでガチャを回してもなかなかできないものである。結局広場で発注し、ある程度小ギアパワーが埋まった状態から育てるのが良いという結論になってくる。
                     

                    スロットが1個付いているものを注文した場合、70%で同じものが、30%でショップ品(スロ未開放)が届く。
                    スロットが2個付いているものを注文した場合、10%で同じものが、60%でスロ1一致が、30%でショップ品(スロ未開放)が届く。
                    スロットが3個付いているものを注文した場合、0.5%で同じものが、9.5%でスロ2一致が、60%でスロ1一致が、30%でショップ品(スロ未開放)が届く。


                    スロ3つ揃いの純正ブランドの場合を考えてみる。アンコギアが完成するのは以下の4通り。
                    a) 0.5%で完成
                    b) 9.5%でスロ2つギアを引いてあとは自力で完成
                    c) 60%でスロ1つギアを引いてあとは自力で完成
                    d) 30%でスロ0ギアを引いてあとは自力で完成

                    a) 0.5%
                    b) 9.5% × 30% = 2.85%
                    c) 60% × 30% × 30% = 5.4%
                    d) 30% × 30% × 30% × 30% = 0.81%

                    全部足すと 9.56% となる。これが、純正ブランドをダウカスに発注して、何が届いても買って育成した場合に純正アンコが完成する確率である。

                    ここから分かるのは、2つ揃いギアを取り寄せてくれた時だけ買って育てるよりも、1つ揃いギアの場合も買って育てるのがアンコへの早道ということ。d) の場合はサザエやお金に余裕が無い場合は買わずにスルーでも良さそうだ。
                     
                    | tec0(てこ) | Splatonisis | 01:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    0
                      サブ効とメイン効
                      前回に続きギアパワーの比較を。サブ効率を積めばサブによるインク消費割合は減る。だからボムを投げた後のメイン攻撃がたくさんできる。しかしメイン効率を積むことでもメイン攻撃できる量は増える。ボムを投げた後どちらが有利なのだろうか。

                      サブ効率グラフ



                      わかばシューターで考えてみる。

                      a) サブ効 20 メイン効 0 の場合
                       → インク残量は 44% なので 200*0.44 で 88 発
                      b) サブ効 10 メイン効 10 の場合
                       → インク残量は 37% なので 230*0.37 で 85.1 発
                      c) サブ効 0 メイン効 20 の場合
                       → インク残量は 30% なので 265*0.30 で 79.5 発
                      参考) サブ効率 0 メイン効 0 の場合
                       → インク残量は 30% なので 200*0.30 で 60 発

                      ということでサブ効の方が有利。だがこうして数字で見ると、差としては微々たるものだと感じる。ギアパワーがゼロでも60発撃てるし、サブ効に10ポイント割いたとしても14発増えるだけ。60発撃つ時間があるなら途中で回復するタイミングもあるだろうし、やはりインク回復で何とかした方がいいのではないだろうか。ちなみに、元々メインのインク効率の良いわかばシューターなのでこれくらいの数字上の差が出たが、他の武器では差がさらに小さくなる。
                       
                      | tec0(てこ) | Splatonisis | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENTS
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE
                      このページの先頭へ