just a gamer. splatoon/league of legends/etc.
<< renek雑記 | main | AD rune と AR pen rune の比較 >>
0
    青チーム vs. 紫チーム
    またまたRoGのフォーラムから。


    Blue side vs Purple: Inside the startling numbers
    http://www.reignofgaming.net/blogs/tuck-esports-inquirer/21639-blue-side-vs-purple-inside-the-startling-numbers

    CLG.EUのサポートプレイヤーであるKrepoのインタビュー。
    http://www.reignofgaming.net/blogs/tuck-esports-inquirer/21592-interview-with-clg-eu-support-krepo-it-just-sucks
    彼は紫チームはpick/banにおいて、そしてbotレーンにおいて
    不利だと言っている。そこでLAN大会など競技的なゲーム 145 試合に
    ついてサンプル調査してみた、という話。

    まずKrepo曰く…
    「青チームはダブルゴーレムがあり、junglerがredを狩るのを
    2人がかりで助けられる。しかし一番重要なのは経験値だ。
    もし紫チームがjunglerのblueを助けると経験値で負ける。
    level差によって不利になる。いくつかのbotの組み合わせでは
    早めにレーンに出ていないことで経験値的に遅れを取ることが
    完全な敗北に繋がる。

    もし紫がfreeze(タワー下でのfarm)したら、青はいつでも
    "fake base"してゴーレムを狩りに行き、レーンを押させれば良い。
    つまり青の方がレーンコントロールを握っている、ということ。
    紫がレーンを押してきたら、青は川から簡単にgankが可能。
    青がレーンを押したら、紫のjunglerは青のjungleを通って
    gankしなければいけない。これはリスクが高い。

    mid〜lateゲームでのbaronも青の方がアクセスしやすいと
    思うがこれは解釈が分かれる。とにかくmapの不均衡の大部分は
    botのlaning、経験値の不均衡にある。
    wraithを壁越しに盗むのも青のAP midの方がやや簡単。」

    では8月に行われたプロの試合について見てみよう。
    • 145試合で青チームが勝ったのは86試合(59.3%)
    • 22シリーズはBo3またはBo5だった
    • 紫チームが勝ったのはそのうち6回だけ(27%)
    • 両チームとも1試合以上勝った場合、勝敗を決する試合で青チームが勝ったのは17回中13回(76.47%)
    | tec0(てこ) | LoLガイド的な | 10:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://tec0.teamya.net/trackback/116
    CALENDAR
    SMTWTFS
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ