just a gamer. splatoon/league of legends/csgo etc.
<< 読書感想文(第2章) | main | 読書感想文(第4章) >>
0
    読書感想文(第3章)

    続きです。Twitter の方では青山先生が連続ツイートで所感を述べたり、谷村先生がそれに対して呆れたり、 小林秀章 a.k.a. GrowHair さんが意見を書いたり、といった動きが有りました。しかし私はまだ第3章です。谷村先生の絡んだ章だけ読むことも考えましたが、それだと結局飛ばした章は後から読まないままになってしまうだろうな、と思い順番通りに読むことにしました。

     

    第3章 細谷暁夫

     

    物理学者渡辺慧先生の「復刻新版 時」を紹介しつつ、物理学から見た時間について語ってゆきます。面白いことに、細谷先生も古典論と量子論とで時間について論じ分けています。さらっと一読して感じたのですが、これは2つのことを示唆しているように思えます。つまり1つは、如何に量子論が革命的であって、根本的に物理学を変えてしまったか、ということ。もう1つは、物理学者は時間について基礎知識のような、共通の理解のようなものがあるのだ(個々人で時間の解釈が全然違う、というブレはあまり無いようである)ということです。

    例えば本章では「古典力学は時間反転対称です」「運動方程式が時間反転に対して対称であることは『ある解に対して時間の符号を変えたものも解となっていると(原文ママ)』と言い換えることができます」という記述があります。第2章の「時間の矢はどちらも向くことができる」という話と同じです。またエントロピー増大で時間の一方向性を説明する、というやり方にも簡単に触れています。

    この後、細谷先生は時間について説いていくのですが、記憶の消去=忘却というステップを特に重視して論じていきます。はっきり言って難解です。1分子だけ入っているシリンダーを考え、分子が仕切りの左右どちらにあるかによって0か1かを記録する架空のメモリの話、これがまず難しい…。この思考実験によって「忘却」するために必要なコストを算出するのです。脳が限界に達しつつある中、どう見ても BSD のデーモン君だろうというマクスウェルの悪魔が登場し癒されます。

     

    明らかにdaemon君

     

    そして、この想像上のメモリの変化のステップを分析し、時間発展には2つの種類があるのではないかと提唱します。一方は運動方程式に従う、自然な、予測可能な未来が訪れるもの。他方は観測するまで未確定な未来を孕んだもの。提唱、と書きましたが、これが細谷先生独自の考えなのか、物理学者一般に支持されている考えなのかはわかりません。この後、さらに量子力学の観測について突っ込んだ話になります。難解です。正直、理解できませんでした。特に、「検証公理」という言葉がキーワードになっているのですが、この言葉の定義がわからないのです。有名な言葉なのだろうかと検索しましたが遂にわかりませんでした。

    最後に哲学者に対して4つの問題提起をして終わりです。それらは

     

    1. 物理学を公理化するときに、「検証公理」は必要か?
    2. 物理学の記述を「操作的」「演繹的」に分類する事は妥当か?
    3. 測定者あるいはマクスウェルの悪魔は自然界のどこにいるのか? この問い自体が間違っているのか?
    4. 確率の意味はなにか?

     

    というものです。

    本章の大部分は非物理学者にとっては非常に難解なものであることは間違いありません。しかし印象だけで語れば、細谷先生は(私の思い描く)哲学というものをやっているように見えます。例えば付記で生物学者本川達雄の時間論に絡め、「シラードエンジンのサイクルは、生物の世代交代を思わせます」と語ります。そして物理学よりも複雑な世界を扱った他の学問(高次、と表現しています)でも「いま」の概念が表れる、と触れており、このように分野を超えて俯瞰できる知性を持っているという点に(私の思い描く)哲学者的なものが感じられます。注釈にも雑多でありつつも興味深い思索が記されています。ゴミ分別は頭脳のメモリが使われ、リセットにコストがかかる、とか。

    言うまでもないことですが、哲学者と哲学教授はまるで違います。ショーペンハウエルは『知性について』の中で、前者を高潔な人、後者を前者を飯の種にする卑しい種族と述べています。

    注釈のこの文章は、職業哲学者に対する痛烈な皮肉のように思えました。

     

    第3章コメント 小山虎

     

    小山先生は4つの問題提起に対し、率直に「哲学者一般の回答は存在しないため、私自身の見解を述べる」としてきっちりと4つの回答を書いています。いわく

     

    1. 必要
    2. 妥当
    3. 質問の意味がよくわかりませんが測定できる場所にいるのでは…
    4. 哲学の世界では確率概念は複数あるというのが定説で、どれを選ぶかが問題

     

    という非常に明快なものでした。好印象です。4については私はかなり衝撃を受けました。「確率」という言葉は数学用語であり明確な一つの定義があるものと考えていたからです。この辺は「確率」と「確率概念」の違いなのかも知れませんが。

     

    第3章リプライ 細谷暁夫

     

    細谷先生のリプライも簡単に回答に触れて終わりです。ア・プリプリオリという言葉が出て来たけれどこれはア・プリオリの誤植なんだろうか、それともア・プリオリの強調表現なんだろうか…。4については少し細谷先生の期待したものと違ったのではないかと思います。と言うのも4についてのみ触れていなかったからです。

     

    第3章は全体的に、私の自身に対する読解力の確かさに疑いを生じさせるものでありました。細谷ノート来てくれー!!

    | tec0(てこ) | 現在という謎 | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    トラックバック機能は終了しました。
    CALENDAR
    SMTWTFS
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ